戦後教育によって失ったものとは




教育の荒廃

 教育の荒廃が叫ばれて久しくなります。
 文部省は対処療法的に対策を出していますが、ほとんど効果はあがらず、ますます悪くなっているように思えます。
 そのことは、最近発表になった 「薬物使用の調査」 にも現われました。
 特にひどかったのは、高校生の男子。
 薬物の使用・所持が 「悪いことだ」 と思っているのは半分余りしかおらず、5人に1人が 「個人の自由」 「1回くらいならよい」 と考えているそうです。
 若者たちの心の荒廃が、非常に深刻な状況であるということがわかると思います。


かくあるべしという、父性を失った親

 このような、最近の若者たちの異常さは、いったい何が原因なのでしょうか。
 そのキーワードが林道義氏の著書に明瞭に示されました。
 それが、最近よく日にする 「父性の復権」 という言葉です。
 林氏によると、家庭における 「父性」 というものが欠落してきたことが、無気力、不登校、いじめ等々、今日の若者が陥りやすい様々な病理の原因 になっていると指摘されています。
 「父性」 とは、理念を掲げ、家族を統合し、文化を伝え、社会のルールを教えるという父の役割です。
 この、 「父性」 というものが失われていくにつれて 「なにをやっても個人の自由じゃないか」 といったような若者の言動 が目立ってきたように思います。
 その結果、自分の欲望や感情をコントロールしなくなり、ひいては、 「援助交際」 や 「おやじ狩り」 のように 善悪の区別がつかない若者が増えてきた のではないでしょうか。


子供を叱れない今の親たち

 その他にも、 「どう生きることが素晴らしいことなのか」 ということを、親も教師も教えることができなくなりました。
 昨今流行の 「上下関係を意識的に捨てて、価値観を押しつけることは絶対にしない」 「決して強制はせずに、子供の自主性を重んじて、何をするのも自由放任である」 という 「友達のような父親」 にしても、結局は、父親の役割を放棄し、信念をもって叱ることもできなくなった親が増えただけ ということではないでしょうか。
 そういえば、神戸の事件や親が子供を殺す事件が起こったときも、事件前に、親はカウンセラーに相談に行かれたようですが、 「そっとしておくのが一番」 とアドバイスを受けたという記事を何度か見ましたし、また、 警視庁の相談員が、 「わたしの代わりに子供に注意して」 という親からの訴えの急増に驚いている との新聞報道( 毎日 )もありました。
 まさしく 「父性の欠落」 を象徴するものではないでしょうか。


戦後教育が、最大の原因

 では、なぜ大人や親はこうなってきたのでしょう。
 それは、50年前の敗戦を契機として、それ以前の日本がすべて悪かったかのように言われ続け、教えられ続けてきたために、自分の国への自信や愛着を失い、若者たちや子供たちに 「こう生きるのだ」 と指し示す信念や知識をなくしてしまった からなのです。
 振り返ると、 「日本人として」 とか 「男として」 とか 「女の子なんだから」 などという言葉を聞かなくなりました。
 戦後50年、私たちは、 「日本人であること」 を見失い、その誇りや自信や喜びを置き去りにしてきました。
 戦後の民主主義教育が、日本人であることの歴史を捨てるように教えてきたのです


新しい日本の精神的主柱を

 それでは、この様な現状を打破していくには、何をなすベきなのでしょう。
 それは、今一度、私たち大人が、「日本人として、人間として、どう生きることが、本来の生き方であるのか」 ということを考え、学び直して、新しい日本の価値観を創造する以外に方法はあリません。
  「日本はもうだめだ」 と身近な人には何度も洩らしていたという司馬遼太郎氏が、日本再生の唯一の希望として述べられたことは、 「古来の日本精神史における 《 いい感じの日本 》 というものを再発見して再充電しつつ、多様性に耐えていくしかない」 ということでした。
 古き良きものを取り戻しながら、 多様なる価値観を統合できる新たなる精神的主柱を構築し、 それを家庭で、 学校の道徳教育で教えること。 これこそが、 私たち大人が子供たちに残せる 「後世への最大遺物」 ではないでしょうか。