Apr. 1, 2009
<>/




奨学金審査業務

http://s01.megalodon.jp/2008-0423-1924-08/blog.goo.ne.jp/rentai2005/e/34fd7c433ca3188faaca72c79ee56b0a

奨学金滞納2000億円

奨学金の話は前にもしたが、再度。政府が大学生に出す奨学金の 「 不良債権 」 が2006年度末で2千億円を超えた。 前年度比11%増(!)。 理由はモラルの低下だそうだ。 滞納額を埋めるのはもちろんわれわれの税金。

もっとも、この計算にはトリックがあって、滞納額も増えているが、分母の貸出額も馬鹿に拡大している。 貸出残高は99年には二兆円代だったが、06年には5兆円に迫る勢い。 つまり、だれかれかまわず貸している、という貸す側の問題点も大きいのだ。

補填は、滞納分だけではなく、在学中の利子も一般会計からの出費である。 その額07年度で936億円 --; 感覚的にいえば、奨学金をもらっている学生で、それに見合うパフォーマンスをあげているのは半分くらいじゃなかろうか。 成績要件を厳しくするなどして少しは奨学金の対象者を厳選すべきだ。 勉強もしないやつに金を出してやることはない。

ところで、滞納者の男女比や大学別の滞納者ランキングを公表してほしいものだと思う。 私としては、女子学生に多額の奨学金を貸し出すのはなんとなく気が引ける。 光市の母子殺害事件の被害者みたいに、借りるだけ借りておいて、卒業したら間髪いれずに孕んでそのままぜんぜん働かず、挙句の果てに平日の昼間から家でぶらぶらしていたため殺されちゃうなんてことになっては回収不能になるからだ。 でも、これは単なる感覚であって、実際の滞納者の男女比をデータで確認してから貸し出し行動をとらないと差別になるだろう。

話は変わるが、クレディアが破綻した^^; 無茶な金利制限のせいで信用収縮が起きているところに持ってきて、サブプライムローン問題が尾を引いているので、これからまだまだ倒産は増えるかもしれない。 ここのろこと金融、証券株は、釣瓶落としというか自由落下だし。 英国ではとりつけ騒ぎまで起きてるらしいので、これが波及してくるかもしれないし。

消費者金融であれなんであれ、会社がつぶれると、一時的に職を失う人が出てくるので経済は悪くなる。 そこで提案。消費者金融の社員には、政府や自治体にはない回収のノウハウがある。 彼らを大量に雇用して、奨学金、保育料、給食費、の回収をしてもらうというのはどうか。 雇用も発生し、滞納も減って一石二鳥。 このポストには銀行員より消費者金融、消費者金融より街金、街金の人のほうが役にたつだろうから、中小の消費者金融がつぶれそうなこのタイミングはちょうどいいのではないか。


http://s03.megalodon.jp/2008-0425-1611-19/blog.goo.ne.jp/rentai2005/e/4544dfa5c9f17b69c2c8aba330934c92

上限金利撤廃(?)

こちら、奨学金のニュースです( 笑 )。

「 借りた金は返すな、返さないのが正しいんだ 」 とかいう馬鹿弁やFPの日常活動のおかげだと思いますが、奨学金は近年踏み倒しが急増しています。 現在、不良債権化している貸出金総額は1864億円( 首都銀行の赤の倍^^; )に上ります。 奨学金の滞納者は実に18万人!。。。。これはすごい。 18万人ですよ。 もちろんワリを食うのは納税者で、赤はすべて税金で埋まります。 安易に貸して、回収が甘いからこういうことになるんでしょう。 トンでもないです。

実は奨学金は低利( 3% )の上、在学中の金利を政府が埋めているため、滞納者がいなくても税金は持ち出しなんです。 利子補填額は07年度で169億円( ! )。 財務省ではいかにも3%は安く、このままでは調達金利が貸出金利を上回るとして 「 上限金利撤廃 」 を検討しているもようです。 ( このままでいくと利子補填額は17年度には10倍の1820億円になると計算してるらしいです、スゴイですね )。

でも、奨学金は20年かかって返済するため、金利上昇は借り手の負担となって、ますます返済が滞る可能性があります。 そ・こ・で、奨学金の回収を民間委託するようです( 笑 )。 サービサーを通じた回収や、コールセンターを利用した督促を検討しているようです。 ま、民間委託はしたらいいです。 相手の嫌がることをしないで、貸し金を回収できるわけがありません。

それにしても・・奨学金って必要なんですかね。
と、考えてしまうのは私が多分、東京の私立大学にいるからだと思いますが、少なくとも東京の私学に地方から通う学生には、家庭の貧困を助ける意味での奨学金は必要ないと思います。 だって、東京の私学は、授業料だけでなく住居費もとても高い。 そんなところにわざわざ通うなんて、ミンクのコートと同じで贅沢ですから。 福祉を考えるときは贅沢品と必需品は分けてしかるべきです。 ぜいたく品に低利融資なんかしてはいけません。

うちの大学では奨学金は最大つき16万まで借りられます。 4年間で768万円です。 これを20年後に一括返済しようとしますと、返済額は1387万円です。 まあ、毎月返せばいいんですが、学生時代に16万なければ生活できないような人間が、初任給手取り20万のなかからどれだけ返済できるか疑問というものです。 16万は貸しすぎです。 奨学金なんか5万円くらいで十分で、それで通えるところを選べばいいと思います。 たとえば 私が博士号をとったつくば大 なら寮がいっぱいあって、部屋代は月一万円。 物価もとても安いので、3万あれば院生でもなんとか暮らせます。 5万もらえば海外旅行にさえいけるでしょう。 つくば大学は東京の私大に比べて教育水準が低いということはまったくありません。 地方の国立大学で安くて質の高い教育が提供されているのに、南青山で12万も出して部屋を借りるのは贅沢だと思うのです。

もっとも、学生の親が農業や自営業の場合、見た目の収入は低いけれど、それは単に申告をしていないだけのことで、実は豪邸に住んでいる、というケースも少なくないです。 ガラス張りのサラリーマンはこんなところでも損をしています。 また、なかには子供の奨学金を低利の資金調達の手段と考えて、とりあえず借りさせてピンハネする親もいたりするので油断なりません。

奨学金の原資になる税金は高卒で一生懸命働いている人も払っています。 そんなお金を4年間、ぶらぶら遊ぶ奴らに融資するなら、 「 上限金利撤廃 」 や、やくざ・・じゃなかった、サービサーを使った回収は当然だと思います( そう、ほとんどの学生がぶらぶら遊んでる、っていうところがまた腹立つんですよねーー )。


http://s02.megalodon.jp/2008-0425-0952-59/okame21.blog87.fc2.com/blog-entry-55.html

なぜセンギョーなど基準にするのだ!

増税のお知らせです。明日から税金が上がります。
それはいいんですが、遺憾なのは↓
「 総務省の試算によると、年収700万円の専業主婦と子供2人のサラリーマン世帯の場合、1月から所得税の負担が月額1万2880円から7160円に 5720円減った。 しかし、6月から住民税は1万5100円から2万4500円に9400円増える。 住民税と所得税を差し引きすると、実質的に月額 3680円の負担増となる。」

何でこんな世帯を標準にするのです。 あたかもセンギョーのいる世帯が標準みたいじゃないですか。 専業は五体満足のくせに税の割引要員なので、単身者や共稼ぎを基準にするよりず~~~~~~~~~~っと安く見えちゃう場合があるのよね。

ところで私は学生の奨学金審査をする場合、母親がセンギョーだと一点引きたくなります。 なかには 「 お母さんが専業なので金がない* 」 なんて言ってくる学生がいたりしますが、逆。 本当に金がなかったら専業なんて勿体無い時間の使い方はしませんよ。 ちゃんと働けば500万とか700万とか稼げるんですから。 お金があるからこそ専業主婦でいられるんですよ。 あと 「 住宅ローンの支払いで金がない 」 とか言ってくる奴も一点引きたくなりますーー; 子供の教育費がかかる時期にわざわざ身の丈にあわない家買う必要なんかないですから。 だからといって本当~~~に貧乏なのに、わざわざ金のかかる東京の私立大学なんかに来て、奨学金で多額の借金をするってのもどーかと思いますがね。

*注:専業主婦に育てられた学生はしばしば自分の母親のことを、目上の人の前で 「 お母さん 」 などと呼ぶ。 うんざり。 やっぱ親学必要。