Apr. 1, 2009
<>/




茨城県侮辱

http://s04.megalodon.jp/2008-0425-0946-14/okame21.blog87.fc2.com/blog-entry-14.html

柳沢伯夫厚生労働相

「 15から50歳の女性の数は決まっている。 生む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかないと思う 」 と松江で発言。

今日になって、 「 経済で説明したほうがわかやすい 」 と重ねて不適切発言。 「 経済 」 ってこういうこというんじゃありませんよ。 経済に失礼。

このおやじ 「 美しい国 」 安倍内閣の閣僚としてはふさわしいが人間としては不合格。 はやく辞めてほしい、というか死んでほしいくらいだ。 女性が機械ならこういう不良品人間を出産した柳沢の母にも製造者責任をとってほしいものだ。

30日追記:この件、今日の朝ズバで、コメンテーターの慶応の先生が 「 まあ、過去にはもっとひどいことをいって辞職しなかった人もいますから・・この場でがんばることでしょう 」 なんて言っていた。 いま柳沢の話をしているのに、どうして他人の( しかも誰だか具体的にわからない )人の話にすりかえる必要があるか。 こういうことを言うの、問題を過小評価している証拠。 日本の男はとても先進国の生き物とは思えない。

それにしても、女性議員が超党派で声を上げてくれたのはうれしかった。 やっぱり議会にはもっと女性がふえたほうがいいな。 エロとセクハラで有名な茨城県の鉾田市だって、もっと女性議員を増やしたほうがいいよ。

ところで、全国の15歳から50歳までの女性のみなさん!
みんなで首相官邸にメールしましょう!
文面は、そうですね・・・
「 機械ですがなにか? 柳沢が閣僚のあいだは一人頭でがんばるつもりはありません 」 とかね ^^/
首相は 「 発言は不適切 」 などと言っていたが、発言が不適切なのはあんたがあらためて指摘するまでもない。 問題は、柳沢発言が不適切かどうかではなく、不適切な人間を罷免しない安倍が一国の首相として適格かどうかということだ。