「近年の学生の名前を見ていて、日本人は “ばか” になったんじゃないか」 …… 当て字や漢字の意味をわからずに使い、さらには名前に込められた意図も伝わってこない。 この難読名、難解名の風潮に実は、日本人の知的レベルが表われているというのだ。

簿

 最近、学生に難読名、難解名、つまり読めない名前や意味不明の名前が多くなっています。 20年以上前からいくつかの大学で講師をしていて、このことに気づきました。 どうも日本人がバカになっているんじゃないかと思っていたのですが、人の名前のことだけに誰も言い出せないらしい。
 どんな名前なのか。 むやみに画数の多い仰々ぎょうぎょうしい漢字を使ったり、熟字訓( いわゆる当て字 )を勝手に分解して無理読みをしたり、漢字の意味を知らずに使ったりしているため、読みにくくて、名前に込められた意図もわからない、そんな名前です。 暴走族のグループ名に多い無理読みの名前に似ています。 仏恥義理ぶっちぎり とか 夜露死苦よろしく とか、よく見かけるやつね。 それでこういう名前を 「暴走万葉仮名」 と名づけました。 そうしたらネットでも大きな話題になったようです。
 何年か前、某大学に 華海かの という女子学生がいました。 はいいとして はちょっと読みにくいね、と、さすがにやや婉曲えんきょくに言ったら、 海苔のり の 「の」 ですって :-)。 そのうち 海莉えり なんてのも出てくるかもしれない。 海老えび の 「え」 だから :-)海嘯つなみ の 「つ」、 海月くらげ の 「く」、 海象せいうち の 「せい」、なんてのはどうかな。 もうこうなったら矢でも鉄砲でも持って来いって感じです :-)
 歌手だか何だかで 「いまる」 っていうのを聞いた時は、ぎょっとしました。 生きているだけで丸もうけ、という意味の本名のようです。 しかし、 「いまる」 という名前から、そういう意味は伝わってこないでしょう。 「まる」 は、オシッコをする、という意味。 古語によく出てきますが、地方では今も広ぐ使われています。 「いまる」 だと 「すわり小便」 ですね :-)
 支那文学者の高島俊男さんが驚いたと書いていたのが せい。 この字を名前に使う人がいるそうです。 「月」 と 「星」 という意味だと思っているかららしいのですが、むろんそうじゃない。 これは 「生臭い」 と読む字です。 この 「月」 は 「肉」 の変化した 「にくづき」 です。 小学校で習わないんですかね。 そのうち 「月」 の 「室」 で 「膣」 なんてのも出てくるね。 まあ、確かに女の子らしい名前だけど :-)。  男の子の名前で 「斗」 を含むものも多いですね。 「斗」 を 「たたかう」 と読んでいるつもりなんでしょう。 かつて、ガリ板印刷や映画字幕などに、画数の多い 「闘」 の字を嫌って、代用の略字として使われました。 「春斗」 とか 「荒野の決斗」 とか。 略字とわかって使うのはかまわないんだけれど、この 「斗」 自体の意味はちがうんです。
 「斗」 の字で一番よく見るのは 「北斗七星」 です。 これ、北の空で星が闘っているわけじゃないでしよ。 「斗」 は 「はかり」 「はかる」 です。 北の空である計量具、柄杓ひしゃくの形の星、という意味です。 だから 「煙が残るばかりだった」 とか 「こればかりの慰謝料か」 という使い方もします。 人名で 「雄斗」 だったら、 「雄斗おすばかり」、男子寮だね :-)
 明治期を代表する知識人、森鴎外の5人の子供も、当時としてはかなり変わった名前でした。 男の子が、於菟おと不律ふりつるい、女の子が、茉莉まり杏奴あんぬ。 いずれも西洋人としても通じるし、日本名としてもおかしくないものです。 於菟は虎という意味で、 「春秋」 など漢籍を読んでいれば出てきます。 この人は寅年生まれであり、それに因み、ドイツ風のオットーにも通じさせています。 暴走万葉仮名どころか、正当的な教養に裏打ちされた命名なのです。






 大学の間には偏差値の差があります。 つまり、高偏差値の名門大学と低偏差値の底辺大学ですね。 暴走万葉仮名の学生が多いのは歴然と底辺大学なのです。 女子名では、伝統的な 「子」 や 「枝」 や 「美」 がつく名前は名門大学に多い。
 友人の国立大学医学部教授に聞いてみても、俺んとこの女子学生はだいたい 「子」 がつくな、と言う。 海莉えり腥羅せいら は、医大にはいないんですね :-)。  就職先も、そうです。 この話を、高偏差値大学出身者しか採用しない某有名新聞社の女性記者にすると、面白そうですね、と言って、同僚の名前を調べてくれました。 やはり 「子」 がつくような名前が多い。 「古今集」 から取ったなんていうちょっと凝った名前はありますが、暴走万葉仮名の名前はないんですね。
 これが何を意味するかは、明瞭です。 名前に教育格差、家庭格差が、すなわち階級差が表われているということです。 暴走万葉仮名がついている子は、それをかっこいいと思えてしまうような親の元で育ち、そんな環境で教育を受けてきた。 そして、その子がぼつぼつ親になってもおかしくない年代になっている。 当然、そこにまた生まれた子供も暴走万葉仮名でしょう。 恐ろしいことに、階級が世襲化し固定化されてゆくのです。
 格差社会が論じられる時、格差そのものがあることは必ずしも批判されません。 社会に格差はあって当然と言えば当然だし、格差があるからこそ頑張ってのし上がろうとする人も出てくるからでしょう。 しかし、格差が固定化され、上昇チャンスが消されてしまうのはまずい。 現在の格差論の要がここにあるのは、よくわかります。 しかし、暴走万葉仮名の名前は、その人に一生固定し、その子供にまで世襲されがちなのに、誰もこれを指摘しないのです。
 かつても出身や階級が表わされている名前はありました。 「熊五郎」 や 「八助」 は庶民に多い名なので、落語に出てくるのは熊さん八つぁん。 「権助」 もやはり庶民の名なので下男を意味する普通名詞にもなっています。 こういう人たちが事業に成功したり、学問で名を成したりすると、ありふれた庶民的な名を恥じて、漢籍をひもといたりしながら、立派な名前をつけます。 野□英世も子供の頃の名は清作でした。
 反対に、出世しても名前を変えない人もいました。 何も偉そうな名前にしなくても平凡な名のままでいいとか、貧しい家に生まれてここまで出世したことが俺の誇りだとか、思っていたのでしょう。 これもこれでなかなかいいと思います。
    どちらにしても、自分の名前の意味するものがわかっていたのです。 すなわち、自分と社会との関係を、その間に名前をはさんで自覚していたのです。
 しかし、暴走万葉仮名の名前はそうではない。 自分の子供だけは他にない。 個性的な名前にしたい。 ナンバーワンかどうかはともかくオンリーワンにしたい。 価値観、判断基準は自分にしかない。 その結果が暴走万葉仮名なのです。
 当然、暴走万葉仮名の名前をつける親は、それが何を意味するのか、わかっていません。 そもそも言葉の意味、漢字の意味がわかっていない。 そんな名前をつけるということは、自分で自分の階級を刻印してしまうことだということも、わかっていない。 従って、成功したら、こんな暴走万葉仮名をやめて改名しようとも思わないし、俺の出自なんだからこれを背負っていこうと思うこともない。
 誰かがそれをさとしてやるということもないでしょう。 名前は相手の人格に密接に結びついているが故に、名前に批判がましいことを言われると、その人は逃げ場がなく傷つくものです。 それをあえて言ってやるということは、まずありません。 もし言ってやれば、どんな名前だろうと俺の自由だと、反撃を喰らうだけです。
 三浦展のベストセラー 『下流社会』 に、下流の特長の一つとして 「自分らしく生きる」 が挙げられていました。 暴走万葉仮名の名前は、まさしく 「自分らしく生きる」 の典型なのです。 「俺様化」 とか 「ナニサマ化」 とか言われる社会風潮と共通するものです。

 今ではほとんど読まれなくなった山本有三の 『路傍の石』 は、昭和12年( 1937年 )朝日新聞の連載から始まりました。 貧しい家庭に育った文字通り路傍みちばたの石ころのような少年吾一ごいちは、苦難をくぐりぬけ、自己を確立してゆきます。 くじけそうになる時に思い出すのは、恩師が教えてくれた名前の意味です。 吾一、自分は一人しかいない。 オンリーワンという考えが、このころいかに特異なものだったかがわかります。
 ところが、それが社会で一斉に口にされるようになった今、現われたのは暴走万葉仮名であり、階級固定化社会だったのです。 そこでは、 『路傍の石』 の恩師のように、その名前の意味は、と教えてやることもできません。 「吾一」 とちがって 「海莉」 や 「腥羅」 では教えようも励ましようもないからです。 それでいて、何の力もないオンリーワンだけが固定化された格差社会の下流によどんでいるのです。

 





 昔の名前は、簡潔で読みやすいことが重視され、あまり個性的な名前は親には好まれなかった。
 それでも昔の親はいろいろな思いを我が子の名前に託したのである。
   ( 茂、誠、修、明、進、清、実、 … 幸子、京子、洋子、恵子、悦子、美代子、…… )
 時は移り、今は個性的な名前のオンパレード。
   ( 大翔、大輝、翼、海斗、陸、颯、愛菜、陽菜、彩乃、結衣、莉子、…… )
 中には当て字のような読めない名前も登場。
   鈴音リンリン太平洋ひろし塩人そるとキャンディ夜空花はなび、…… )
 親の自己満足との批判もあるが ……。
 子供の幸せを願い、将来を夢見てその名をつける親の愛は、今も昔も変わらないとは思う。 …… が、“悪魔”という名前 をつけようとして裁判沙汰となった親( 父親は後に覚せい剤取締法違反で逮捕 )などは、子供の幸せを願っているとは思えない。







 

ム 他  

グ 他  

 調  

( 2011.12.26 )


 北朝鮮の金正日が死去し、三男の正恩が権力を継承することになりそうだが、この一家の名前のつけ方は、韓国・朝鮮の伝統から大きく逸脱している。 それは親子で共通の漢字をつけていることである。

 日本では織田氏の 「信」、豊臣氏の 「秀」、徳川氏の 「家」 のように共通の漢字を親子、兄弟、一族で共有することが多く、共有することで、一族であることを認識し、結束を図るという慣習がある。 この共通漢字を 「家字」 という。 しかし、韓国・朝鮮では、原則として、子孫が祖先と同じ漢字を名前につけることはない。 絶対儒教の国である韓国・朝鮮では、同じ漢字をつけることは 「不敬」 「不遜ふそん」 に当たるのである。

 ではどうするか。 原則として 「木火土金水」 のついた漢字を順番につけていくのである。

 ある人が 「木」 とすれば 「柱」 「桂」 「根」 などの木偏の漢字をつける。 その子の世代は 「火」 となるので、 「煥」 「煕」 など火に関連する漢字をつける。 さらにその子の世代は 「土」 だから、 「培」 や 「基」 など 「土」 が入った漢字をつけるという具合である。 しかもつける位置は、2字の名前の上下を常に逆にしてつけていく。 残りの1字が個人を表す。

 これは、木は火によって燃やされ、火は土によって消され、土器は金属に勝てず、金属は水によってび、水は木に吸収されるという、5つのじゃんけんのような関係から、常に前の世代を超える存在になるという陰陽五行説の考えからきている。 したがって同じジェネレーションは同じ漢字が1字ついていることになる。

 ところが、北朝鮮のこの一家は異なる。 金日成( 本名は金成柱 )の子である金正日は、父と同じ 「日」 の字をつけた。 さらにその子は3人とも 「正男」 「正哲」 「正恩」 と父と同じ 「正」 の字をつけている。 これは韓国・朝鮮ではあり得ないつけ方なのである。

 なぜ、あり得ない名前のつけ方をしたのだろう。

 おそらく、正日は父を超える存在を意味する陰陽五行説を嫌い、父と同じ字をつけることで、一体化を目指したのだろう。 正日の息子3人も同じ理由だろう。 そして、この一家は、韓国・朝鮮の従来の一家とは全く異なる 「神聖家族」 であることを人々に認識させる狙いがあったのだろう。 世襲の正当化にも役立つと考えたのに違いない。 異常さは体制だけではなかったのである。