「差し歯」 の調子が良くないので、知人の歯医者に見てもらったあと、郊外から都心に向かう電車に乗った。

 平日の午後だったから、車内は比較的すいていた。 私の正面向かい側のシートに仲の良い友達だろうと思われる、それぞれの幼児を連れた若い母親が二人、おしゃべりに夢中だった。
 親たちは、自分たちが電車の中であることや、周りの人など関係なく、少女のようにキャッキャッと笑い転げていた。 それぞれ黄色と褐色に染めた彼女たちの頭髪と、東洋的な顔との不釣合いは、本人たちが満足することによって救われるものであって、他人がとやかく論評すべきことではないのかもしれない。
 長い付けまつげの濃い目の化粧も、アンバランスな服装も、やはり個人の嗜好以外の何物でもないことを理解して、許容しなければならない。
 幼児たちを乗せていたベビーカーには、殊更に派手なロゴマークのついた雑嚢バッグ、携帯電話、ペットボトル、小さなぬいぐるみの類がストラップなどでジャラジャラとぶら下げられている。 そのベビーカー ( 優に大人一人分のスペースを占める ) を折畳まずに通路に置いている。
 幼児たちはその窮屈な車から降ろされた解放感からか、シートの上で嬉しそうにはしゃいでいる。 大人三人分のスペースを占拠して。 そこまでは私も善良な市民の一員であり、若者に対する良き理解者として眺めていた。

 どうしても注意を促さなければならない、という気持ちに駆られたのは、その幼児たちが車内を走り回り、靴を履いたままシートの上を飛び跳ね出すのを母親たちが黙認していたからである。
 「あなたがた日本では、家の中へは靴を脱いで入るでしょう。 ここは電車の中、公共の座席です。 騒ぐのも良くないが、少なくともシートは多くの人たちが座る場所です。 その上だけは靴を脱がせるようにしなさいよ。 エチケットでしょう」
 と忠告したのだが ……。
 それまでの談笑から、たちまち顔色を変えてキッと私をにらみ返し、
 「えっ、この子らはコドモだよ、こどものやることジャン。 そんなに汚くないジャン、ウザーイ。 ウチの子にそんな余計なこと、いちいちガイジンのあんたから言われたかあねえよ、このオヤジ、ウザッタイから、さあ、あっち行こ、行こ!」
 そして、子供が飲み残したジュースのペットボトルを座席の下に捨てたまま、隣の車両へ移動して行った。

 「自己中心主義」 ということをよく聞かされる。 が、この体験でその実体がよく理解できた。 少子化対策担当大臣まで任命しての人口政策に力を入れるのも一つの方法だとは思う。 …… が、生まれてきても、こうした親に育てられた子供たちは成長してどうなるのだろうか

 余計なことかもしれないが、

 





( 2012.04.17 )
あふれる利己主義者

 まだ4月というのに、大学生はもう就職活動、いわゆる就活の時期に入ったとのこと。 その特集報道を新聞で読んでいて非常に不愉快な事実と出会った。 記者の取材に答えて、就活学生が内定( 会社 )数を挙げていた。 内定3とかと。

 それはおかしいではないか。

 もし、会社から採用内定の通知が届いたならば、ただちに就職する会社を決め、そこへお礼と入社後はがんばりますという返事を出す。 そして第2、第3の内定通知は、すぐさま辞退の返事をすべきである。

 にもかかわらず、内定通知が来たあと、順番に承諾の返事を出し、その3社の内、どれを選ぶか、じっくり考えるという。

 ということは、3社の内、2社は採用計画が狂うのみならず、その2社に採用される可能性のあった学生の就職機会を奪ったことになる。

 こんな学生を採用しても、ものの役に立たない。 単なる利己主義者を雇うことになるだけではないか。

 さらに言えば、大学生の就職率が低いのも、こういった内定による〈 妨害 〉が一因なのではなかろうか。

 己の内定数を3とか5とかと誇るのは、人間としての資質にどこか欠けるところがある。 つまりは、大学教育を受けたとしても、道徳性を高められなかったということだ。 そうなると、教育の問題というよりも、その人間自身の持つ欠陥の問題であろう。

 そういう欠陥例の最たるものは、子の虐待死という行為である。

 若者男女がくっついて同棲。 やがて子が生まれると男はどこかへ逃げだす。 女は再びつまらぬ男とくっつき、今度は己の実子を男とともに虐待して殺す。 男は2人とも無職。

 これは、己だけが幸せになればいいとする利己主義そのものである。 のみならず、反省とか悔恨といった謙虚さなどまったくない。 その実例が最近あった。

 大阪の寝屋川市において1歳の三女を虐待死せしめた両親( 28歳と29歳 )に対して、去る3月21日、大阪地裁において裁判員裁判による判決があった。 検察による求刑は、両被告ともに懲役10年であったが、判決はそれを上回る懲役15年であった。

 事件の悪質さからすれば、検察の求刑は軽いと裁判員たちが判断したわけである。 実にすぐれた判断である。 その通りだ。 軽い求刑しかできなかった大阪地検は、例の検事の証拠捏造事件以来、及び腰になっているのかもしれない。

 さて後日、この両親は控訴した。 理由は、判決が重すぎるからとのこと。

 呆れた。 なるほど控訴する権利はある。 しかし、この理由は何の反省もないことを示している。 無抵抗の乳幼児に対して犯した罪は、非人間的〈 殺人 〉であり、本来、万死に値する。 真に反省するならば、いかなる罰をも受け入れるべきである。 その反省などまったくなくて、重いの、お助けを、軽くに、という利己そのものであり、人間として欠けている。

 求刑を上回る判決 ― 乱世の昨今にあって、みごとな春光であった。
 『論語』 里仁篇りじんへんいわく、 「君子はけい( 責任を取る覚悟 )をおもい、小人はめぐみ( お助け )を懐う」 と。








 「その場のノリで社交辞令で ……。 あなたが使ったその言葉が、話し相手をイラッとさせているかもしれません」 と話すのは、ビジネスマン向けの 『地雷語! 社会人が決して使ってはいけない42の言葉』 ( ぱる出版 )がベストセラーになっている、中山マコトさん。

 中山さんによれば、ビジネスマンだけでなく主婦も、この 『地雷語』 に気をつける必要があるという。 ママ友同士の何げない会話のなかにも危険は潜んでいるそうだ。 そこで、言ったために嫌われることがないよう、 「危険なワード10」 を解説してくれた。
【1】
「本当にお世話になっている相手ならいいですが、知り合い程度の相手に言うのはかなり危険。 『いつ、あなたのお世話をしたの?』 と、内心思う人が意外と多いです」
【2】
「あいさつ程度と思っても、真に受けた相手から深刻な悩みを打ち明けられた時、それに対していいかげんな対応をしたら 『あの人は嘘つき』 と言いふらされる危険性も」
【3】
「旦那さんを褒めることで、相手が喜ぶと思ってつい使ってしまいがちですが、夫婦仲は必ずいいものとは限りません」
【4】
「こう言ったら 『自分が幹事をやる』 と宣言したのと同じ。 一度、誘っておいて実行しなかったら、あなたの評価はただの 『調子がいい人』 にガタ落ち」
【5】
「味覚というのは千差万別。 自分がおいしいと思った料理が相手にも合うかどうかは、かなり親しくなってもわかりません」
【6】
「相手のことをよく知らないうちに話題にすると危険なのが、病気の話。 花粉症でも、重い人もいれば軽い人もいて 『そんな気軽に言わないで』 と反感を買う危険があります」
【7】
「リスクを考えたら 『絶対』 『必ず』 は使わないこと。 メールがこない段階で 『信用できない人』 という烙印を押されてしまいます」
【8】
「相手に 『私は二番手、三番手』 と、変な反感を持たれかねません。 誘われても即答せず、後日、納得のいく理由を言って断るようにしましょう」
【9】
「相手は欲しくても買えないのかもしれない。 自慢話は基本的に×と心得ましょう」
【10】
「相手が先方との関係を築くのに、どれだけ苦労したかわからないのに、気安く頼むのは軽卒」

 クダラナイね! 今どきのお母さんたちは、こんなことを気にしながら付き合いをしていかなければならないのかい?
 軽く聞き流せば済んでしまうような会話を、いちいち言葉の粗を探しをしながら突っかかっているように感じるのは、昭和前半生まれのオイラだけかナ?
 は、





( 2014.08.15 )

  


 子供の頃、レストランなどで騒いでいると、 「静かにしなさい!」 と母親に怒られたものだが、最近では、公共の場で騒ぐ子どもを、まったく注意しようとしない母親も増えているという。 飲食店に勤務する女性・ササキさん( 28歳 )が語る。
「最近は、30代女性が幼児のお子さんを連れて女子会をすることが増えています。 先日は、15人ほどが集まってとても大きい声で会話していました。 マダム風の方々でしたが、会話の内容はとても公共の場で話せるような内容ではありませんでした。
 皆さん小さなお子さん連れでしたが、子どもが走り回ったり、椅子の上で飛び跳ねたりしていても、まったく注意することはありませんでした。 周囲に迷惑をかけていることをわかっているのでしょうか」
 都内でカフェの店長を務める女性・キノシタさん( 31歳 )も、こう語る。
「『アナと雪の女王』 が流行ってから、店内で大きな声で歌うお子さんが増えていますが、保護者はあまり注意しませんね。 先日は、お子さんが泣き出したらiPadを開いて 『アナ雪』 の雪だるまの歌を、爆音で流した奥様もいらっしゃいました。 隣の席のお客さまも困った様子でした。
 その後は、娘さん本人と思われる子が 『ありの~ままの~』 と歌っている動画を流して本人に見せ、静かにさせていました。 ちょっと感覚を疑いましたし、実際周囲からもクレームがありましたね」
 






  


『ほめると子どもはダメになる』榎本博明[著]
 「子どもを厳しくしつけるよりも、いいところを伸ばすように褒めて育てたほうがいい」 ―― こんな風に信じて子育てをしている人も多いことだろう。 子育てに限らず、若手社員に対しても 「ほめて伸ばす」 式の育成方法が奏功すると考えている人もいるのではないか。

 こうした考え方の背景には、かつてのスパルタ式の教育や体罰への反発があることは想像に難くない。 そして、 「欧米では、体罰や押し付けのような教育は採用しておらず、もっと自由に個人を尊重している」 と思っている人もいることだろう。

 しかし、これは大きな勘違いだ、と指摘しているのは、心理学博士の榎本博明氏。 実は欧米の親は、日本よりもはるかに厳しく、子どもに対して威厳がある存在だというのだ。 そのうえで榎本氏は、新著 『ほめると子どもはダメになる』 の中で、 「ほめて伸ばす」 という教育方法の弊害を具体的に指摘している。

 以下、同書をもとに欧米などと日本の親とを比較してみよう。




 「ほめて伸ばす」 という教育方法の弊害とは

 日本の親( 特に母親 )は、子どもと友人のような関係を持とうとする傾向が強い。 そのため、親の意見を押し付けたがらない。 これは世界的に見てもかなり珍しい傾向のようだ。

 「子どもの体験活動等に関する国際比較調査」 ( 子どもの体験活動研究会 )が2000年に日本、韓国、アメリカ、イギリス、ドイツの小学5生と中学2年生を対象に行った調査結果がある。

 しつけに関する言葉がけとして 「ちゃんとあいさつをしなさい」 「うそをつかないようにしなさい」 といったことを父母から 「言われない」 という子どもの比率は日本が圧倒的に高かった。 以下はその調査結果である( 数字は% )

●「ちゃんとあいさつをしなさい」
お父さんから「言われない」日本:72韓国:46アメリカ:27イギリス:38ドイツ:66
お母さんから「言われない」日本:54韓国:39アメリカ:23イギリス:29ドイツ:60
●「うそをつかないようにしなさい」
お父さんから「言われない」日本:71韓国:27アメリカ:22イギリス:22ドイツ:42
お母さんから「言われない」日本:60韓国:22アメリカ:21イギリス:18ドイツ:38

   もちろん 「うそをつくな」 「あいさつをしろ」 と言われたからといって、子どもがそのように育つかどうかは別問題かもしれないが、それにしても親からしつけようという働きかけがなされていないことは数字から見てとれる。




 近年は特に体罰について、日本では過敏な反応が目立つ。 少しでも体罰に類する行為をした教師は野蛮人のように扱われがちである。

 しかし、たとえばアメリカではつい最近行われた調査でも、体罰に対して肯定的な意見のほうが多いのだ。

 シカゴ大学が2014年に実施した 「子どものしつけに対する意識調査」 によれば、体罰に賛成という者が、18~29歳で74%、30~39歳で73%、40~49歳で70%、50代以上でも60%以上となっている。

 深刻なダメージを与えるような体罰は論外にしても、あきらかに子どもが悪い場合でも、一般的な体罰はもとより、正座させただけで大騒ぎになる日本とは意識が違うようだ。

 同書では、他にも具体的なデータ、事例を引いて 「欧米の親は優しいというのは誤解に過ぎない」 と断じている。 何でもかんでも 「ほめて育てる」 といった風潮に違和感のある方には納得の1冊、逆に 「子どもは叱ったら萎縮する」 と信じている人には刺激的な1冊と言えるだろう。