国公立大学の二次試験が25、26日に行われました。 今年は東京でも45年ぶりに積雪が25センチを超える大雪となり、私立大学を受験された方は本当に大変だったと思います。

 早稲田大学などは、速やかに受験生のために再試験を決定され、さすがの対応でした。 安堵された受験生も大勢いらっしゃったことでしょう。

 こうしたことがあると、冬の入試を再考しようということになるのですが、だからこそ、せっかく東京大学の濱田純一総長が9月入学を提唱された時に、みんながもっと自分事として考え、議論を盛り上げておくべきだったのです。 今からでも遅くはありません。 「喉元すぎて熱さ忘れる」 前に、関係者はいろいろな考えを発信しておくべきです。

 さて、今、教育再生実行会議の提言を契機に入試改革議論が花盛りですが、思いこみ、思いつきの “言いっぱなし放談” になっています。 大学入試から考える日本の教育の問題点について、エビデンスに基づき考えていきましょう。


中学高校時代にすべきは
書を読み、友や師と語らうこと


 大学入試が、若者の 「知」 に与える影響が甚大であることは言うまでもありません。 日本人の英語力の基礎は大学受験に向けた勉強で大体固められます。 反面、詰め込み主義、知識偏重といった問題点が多かったのも事実。 英語にしても、クイズ的知識偏重になっているが故に、実践的なコミュニケーション能力が身に着かないと批判されてきました。 ( 実は、これも今やリスニングがセンター試験や東大二次試験などで入り、一部ではかなり改善はされているのですが )

 このところ、入試制度改革が活発に議論され、国会でも再三取り上げられました。 何を隠そう私も一連の議論の火付け役です。

 入試制度改革の今後を占う上で指標となるのが、政府の教育再生実行会議が昨年10月に出した 「高等学校教育と大学教育との接続・大学入学者選抜の在り方について」 という提言書、俗にいう 「第四次提言」 です。

 これによると、基礎的な学力の達成度を客観的に把握するための 「達成度テスト( 基礎レベル )」 を創設して、推薦・AO入試に活用することや、そこから難易度を上げた 「達成度テスト( 発展レベル )」 を積極的に活用することも視野に入れています。 達成度テストは、複数回の受験を可能としており、一発勝負、1点刻み選抜からの脱却が期待されます。

 外国語についても、外部試験の活用も検討されていますので、たとえば米国の大学留学で基準に使わるTOEFL、GTECであれば、さらにリスニングを含めた総合力を身に着けるように学習方針が変わっていくでしょう。

 提言書の方向性については概ね評価できます。 私は、中学高校時代には、書を読み、友や師と語らい、文化祭や体育祭や部活動などで仲間と何かに打ち込むこととが望ましいと思っています。

 知識を詰め込むのではなく、情報や知識を、より良い判断にどう活用するかの知恵を身に着け、チームワークあるいはコミュニケーション能力を高めることのほうが大人になって役立つからです。


入試改革論議をミスリード
毎日新聞の不可解な特ダネ記事


 しかし、この一連の入試改革論議で不毛な問題が起こりました。 そのきっかけはある新聞記事です。 提言書が出る約3週間前の10月11日、毎日新聞が一面でセンセーショナルな “特ダネ” 記事を放ちました。 見出しとリードだけ引用しましょう。
『国公立大 2次の学力試験廃止 面接や論文に 人物重視 教育再生会議検討』  政府の教育再生実行会議( 座長、鎌田薫・早稲田大総長 )が、国公立大入試の2次試験から 「1点刻みで採点する教科型ペーパー試験」 を原則廃止する方向で検討することが分かった。 同会議の大学入試改革原案では、1次試験で大学入試センター試験を基にした新テストを創設。 結果を点数グループでランク分けして学力水準の目安とする考えだ。 2次試験からペーパー試験を廃し、面接など 「人物評価」 を重視することで、各大学に抜本的な入試改革を強く促す狙いがある。
 この記事が事実であれば、二次試験から学力試験が無くなってしまうわけですから歴史的な “大転換” です。 人物評価重視という主観的要素が強まることで、学生の学力の客観的な担保ができなくなるわけですから、当然批判も起きました。

 お名前を挙げるのは控えますが、ネット上のまとめサイト等を見ると、旧帝大出身の著名な芥川賞作家を始めとする、数々のオピニオンリーダーと言われる人たちがネット上で憂慮や批判を表明していたようです。

 しかし、ふたを開けてみると、10月31日に出てきた提言書には、学力試験廃止の文言はなく、検討されたような形跡もありませんでした。 毎日新聞の記者は何を根拠に書いたのか、首をかしげたくなるばかりです。

 結果的に、根本的に間違った記事を元にひたすら不毛な議論がネット上で展開されてしまったわけです。 インテリジェンスの基本は1次情報に当たることであることを、この事例は示しています。


誤報の背景は記者の思い込み!?

 入試改革論議をミスリードする記事が出てきた背景に何があるのでしょうか?

 一部マスコミは 「受験戦争」 と呼ばれた時代から長年、大学入試に批判的な論調を展開してきました。 「知識偏重は良くない」 というスタンスです。

 ところが、これも全ての大学入試が詰め込み式だという思いこみに基づいていないでしょうか。 大学入試を批評する以上、記者たるもの国立大学の二次試験の実物を見ておくべきでしょう。 私は40年分の東大、京大入試を見ていますが、国語も数学も社会も論述式の 「良問」 揃いだと思います。

 たとえば世界史。 昨年度は、大西洋からインド洋、太平洋にかけての交易活動を取り上げ、各地の開発や人の移動に着目。 人の移動と軋轢について、奴隷制廃止前後の差異も含めて論じさせています。 受験生は、与えられた8つのキーワードを駆使して 「原稿用紙」 型の回答用紙に書き込んでいきます。

 今年の京都大学経済学部の論文は秀逸です。 さすがに良問の京大。 M.フリードマン 「実証的経済学の方法と展開」 の一部と、G.M.ホジソン 「現代制度派経済学宣言」 の一部を読ませて、それぞれの論旨の要約と、ホジソンからのフリードマン批判に対して、フリードマンの主張を裏付ける具体例を示しながら、それを擁護しろ、というものです。 あまりにも、見事な問題で唸ってしまいます。

 また、慶應義塾大学環境情報学部の小論文の問題もなかなかの力作。 キャンパスの25周年を記念して、 「地球と人間」 という本が出版されることとなり、受験生はその編集者という設定で、収録文章を選んだり、本のタイトルをつけたり、 「はじめに」 という巻頭このことばを1000字で書かせたり、まさしく情報編集力を問う問題です。

( 詳しくは、http://nyushi.yomiuri.co.jp で各大学の問題を見比べてください。 )

 論述形式で問われるのは受験生の総合的な知の運用能力です。

 では、なぜ論述が大事なのか? それは、二つと同じ回答がないからです。 すべての答案がみな違う。 現実の課題というのはそういうもの。 正解を再現することよりも、正解が一つではない問題に対して取り組む力こそ、今の時代には大事なのです。

 受験で得た知識だけではなく、まさに書を読み、友や師と語らう積み重ねが無ければ発想できないでしょう。 そういう意味で、すべての大学入試が知識偏重型ではないのです。


早稲田大学は知識偏重入試の象徴
知識詰め込み勉強はまさに苦行


 では、一部の新聞がおそらく害悪だと批判している知識偏重、詰め込み主義の入試の弊害は存在しないのでしょうか? それは違って、マスコミの指摘するとおりです。 特に、私立大学の文系入試に数多く見受けられます。 東京大学の入試の世界史を取り上げたのは、それが私立文系のそれと、ひどく対照的だからです。

 私立大学の文系入試の頂点といえば、早稲田大学。 その 「世界史」 の問題は私が受験生だった時代から現在も変わらずに難問・奇問で名をはせています。

 大半がマークシート方式か、一部に記述式はあっても回答が紋切型のもの。 昨年の政治経済学部の問題では、中ソ紛争の舞台となったダマンスキー島の中国名を書かせたと思えば、今年の法学部は、中国・前漢王朝の匈奴征討時に 「汗血馬」 を獲得した国の名前を 「①フェルガナ ②クチャ ③カシュガル ④ホータン」 の4択で問うといった具合です( ちなみに正解は① )。

 一応、受験対策としては山川出版社の 「世界史用語集」 をそらんじる(!)という科挙のような手法があるのですが、早稲田大学を受験した経験のある読者なら、用語集に出ている頻度を、ポイントにしたことを覚えているでしょう。

 頻度とはその用語がどれくらいの教科書に再録されているかの目安で、早稲田大学に合格する世界史選択者は、 「頻度1」 という超マイナーな用語まで頭に叩き込んでいます。

 この入試のパターンはこの40年間、ほとんど変わっていません。 いずれにしても、正解が一つの問題を解かせます。 今年の 「政治経済」 でも、経済財政諮問会議のメンバーの数を問う問題などが出題されています。

 実は早稲田大学の入試自体が詰め込み型であっても、東京大学や一橋大学と併願する受験生も多いので、早稲田大学には相対的に論述力、知識の運用力がある学生が多くいます。

 かわいそうなのは、早稲田大学を第1志望にしている私立文系専願の受験生。 最近では、ある進学校でも高校1年の段階から文系コースに区分けして、数学や理科の枢要な部分を学ばずに、英語、国語、社会のマークシート型問題の解法に重点をおいた知識詰め込み勉強を、ひたすら強いられています。

 まさに苦行以外、何ものでもありません。 30万人弱いる受験生の多数派が私立文系で、早稲田大学は毎年12万人が受験します。 国立との併願であっても対策上、知識詰め込み偏重の勉強も、せざるを得ない状況を強いられているわけです。


早期の文理分けで学力の剥落が起きる

 これ以外にも、私立文系の学生の学力には問題があります。

 「分数のできない大学生」 が話題になったことを覚えているでしょうか。 日本数学会がかつて実態調査をしたことがあり、一部だけ公開しています。その全容については、私が独自の情報網で聞いたことがあるのですが( インテリジェンス風に言えばヒューミント経由での情報ですね )、中学3年生の学習指導要領に載っている問題を大学生に出したところ、記述型の数学入試をしている大学の学生は、9割を超える正答率でした。

 しかし、マークシート方式の学生は3割、数学を受験しなかった学生の正答率は1ケタだったようです。 先に述べたように、早期の文理分けで偏った学び方をすることで学力の 「剥落」 が起きてしまったわけです。

 大学で長年いろいろな学生を見ていると、そのあたりのことは手に取るように分かります。 私が主催する 「すずかんゼミ」 には、毎年、さまざまな大学生が参加してきますが、率直なところ、論述試験の勉強をしないで入学してきた学生で目立つのは本の読み方が検索型になっています。

 つまり、固有名詞などの情報を拾って何が掲載されているかは分かるが、文面の背景にあるキーメッセージやコンテクストを読み取れないのです。 数学も出来ないので論理的思考力が鍛えられていない。 すると論文を書いたり、ゼミで発表したりする際も、論理の飛躍が目立ってしまうわけです。

 政治家時代にたくさんの新聞記者から取材を受けましたが、政策課題の背景や制度の意義について散々説明しても 「一言でわかりやすく言ってください」 と言われることが多々ありました。

 そんな彼らと親しくなって、大学入試で論文試験や数学のあるところを本命で受験していたか? マークシート中心入試勉強ばかりしていなかったか? と聞いてみると、私の勘はあたって、マークシート型入試勉強に追われていた人こそ、もっとわかりやすく説明してくれという記者が多いのです( 苦笑 )。

 ジャーナリストなら本来、眼前の複雑、難解な事象を再構成して分かりやすく翻訳すべきところ。 しかし実態は、文章を細切れにして、聞いた情報を右から左に流すだけになっている。 大学時代も、コピー・アンド・ペーストでレポートを出してすましている、深い学びをしていない影響を感じます。

 数学の重要性ですが( これもヒューミントからの情報ですが )、ある国立大学の文系の大学院で、大学院時代の成績と何が一番相関するかを調べたところ、高校時代の数学の成績だったと教えてもらったことがあります。

 文系なのに数学か? と思われるかもしれませんが、文系といえども社会科学ですから、論理的思考というのは不可欠です。 数学ができるかということは、論理的思考ができているかどうかの一つの証ですので、納得できる結果です。

 このコラムの読者には、企業の採用担当者もいるでしょうから、私から提案があります。 入社試験の申込の際に、卒業大学に加えて、高校時代の得意科目、苦手科目、受験した大学と受験科目を聞くのも一案だと思います。 また、入社の志願の段階で、長文論述と論理数学、または論理思考の問題で出題するといいと思います。

 場合によれば、複数企業で協力して共同のプラットフォームを作ってもいいかもしれません( 関心のある人事のみなさん、鈴木寛研究室と共同開発してもいいですよ( 笑 ) )もちろん、本人が書いたどうかは、最終面接でチェックし、もし嘘をついていれば、即刻落とせばいいのです。

 本題に戻ると、本来、問題とすべきなのは私立文科系入試に、数学がないこととクイズのようなマークシート型知識偏重入試の改善なのです。 これを思考、論理、記述、議論、対話力、チーム力を問うように変革することが、教育再生実行会議の 「第四次提言」 の方向性にも沿うことにもなります。