「一定のめど」 が学校の教育現場で盛んに使われているらしい、と教育産業関係者から聞いた。 使うのは生徒だ。

 教師が生徒に、掃除をやるように、とか、教室の移動を速やかに、などと指示を出すと、 「一定のめどがついたら」 と返ってくるのだという。 教師は 「今すぐにやりなさい」、あるいは 「一定のめどとはいつか」 などと作業を促すという。 やれやれである。

 菅直人首相がこの言葉を使って退陣を表明したのが6月2日。 その後のしぶとさには目を覆う。

 その教育関係者は 「子供は、学んでほしくないと思う事柄に限って素早く学ぶ」 と苦笑する。 そして、 「お笑い番組の中に、子供に見せたくないなどとレッテルをはられているものがあるが、私にとっては、うそのつきかたやごまかし方、はぐらかし方が詰まった政治の報道番組や国会中継の方が子供に見せたくない番組 にあたる」 と真顔で言った。




.