<傍若無人>生徒8人がつば、放尿、喫煙 …

     福岡県田川郡の中学校、卒業式に県警要請も

 福岡県田川郡内の公立中学校で、一部生徒による“授業妨害”が続き、校長と教頭が心労で体調を崩し休職や自宅療養する事態となった。 管理職不在を避けるため、校長は今月1日に後任が着任した。 生徒たちは2月末まで約1年間、校内の一室に“隔離”されていたが、現在は指導が事実上及ばない状態にあり、教育委員会は 「 混乱のおそれがある 」 として卒業式の14日、県警に警備の要請を検討している。

 教委によると、これらの生徒は2、3年生の計8人。廊下の窓や校長室のロッカーを壊すなどの器物損壊や教師への威嚇行為を繰り返した。 また、校内を徘徊しては訪れた保護者につばを吐きかけたり、2階渡り廊下から放尿したこともあったという。

 学校側は生徒たちを美術準備室に個別断続的に “隔離” したが、生徒はテレビゲームや電熱器、ラジカセなどを自宅から持ち込み、喫煙や飲食するなど事実上のたまり場となったため、2月末に準備室は閉鎖された。 現在も生徒たちは登校しているという。

 この間、教頭は昨年末に約1カ月間休養し、2月下旬から現在まで自宅療養中。 校長も2月上旬から病欠し、今月1日から休職した。 ともに心労で体調を崩したという。

 所管する自治体の教育長は生徒たちの行動について 「 原因は分からない 」 と話す。 教育長によると、学校側は生徒らの親に話し合いを求め、生徒が一度は学校や親の注意を聞いても、仲間で群れると再び荒れ出したりするといい、結果的には改善できなかったいう。

 校長の病欠を受けて、教委は事故防止のため職員6人を連日学校に派遣。 一部保護者も週1回、校内のたばこの吸い殻などを拾う活動を始めた。 しかし、実態に憤る保護者は少なくなく、2月末の緊急保護者会では 「 生徒らを出席停止にしてほしい 」 との要望も出た。 また、4月に入学する新1年生数人は、親類宅などから通う形で隣接自治体の中学校への進学を決めているという。

 1年生の保護者という40代の主婦は 「 校内は吸い殻が散乱しているし、荒れているのは事実。子供が巻き込まれないか心配でたまらない 」 と話した。

 教育長は 「 信頼される公立学校という責務を全うできず、深く反省している。正常化に向けて地域の協力もあおぎ、生徒の生活指導を徹底して、全力で立て直したい 」 と話している。
2008年3月13日2時36分配信 毎日新聞


荒れる学校、なんでここまで放置

 一部生徒による“授業妨害”が続き、校長と教頭が心労で体調を崩し休職や自宅療養する事態となった。
 “廊下の窓や校長室のロッカーを壊すなどの器物損壊や教師への威嚇行為を繰り返した。また、校内を徘徊はいかいしては訪れた保護者につばを吐きかけたり、2階渡り廊下から放尿したこともあった …… ”
 この学校は無法地帯か?。
 一度や二度ならともかく校長が鬱になるほどやられて何故警察に任せないのか。
 器物破損や威力業務妨害を繰り返すのは叱って済む悪ふざけとは違う。
 こんなのを教員だけで無理に対処しようとしても、 「学校は治外法権、何をやっても警察は来ない」 という誤った認識を生徒に植え付け、妨害をエスカレートさせるだけだ。
 故意で責任能力があれば当然警察が取り締まるべき事だし、もし精神の異常が原因でやっている生徒なら警察の手で精神病院に送るべきだ。
 また市役所は生徒の親に民事責任を問うべきだ。
 器物破損等の被害については未成年者の行為は保護者が賠償しなくてはならない。
 責任追及がないから親が真剣に対処しないのではないか。
 また真剣に対処してどうにもならないなら、本来は親が警察か精神病院を頼るべきだった。
 迷惑を受けた他の生徒にも賠償請求の権利がある。
 学校が治外法権だなんて言う条項は日本の法律のどこにも書いてない。
 無法を働くものには当然責任を取らせなくてはいけない!


<校内暴力>中3と中2の2人を逮捕へ

     福岡県田川郡の中学校

 福岡県田川郡内の公立中学校で、一部生徒が授業を妨害し、校長ら学校幹部が休職や自宅休養などに追い込まれた問題で、県警は14日、妨害にかかわったとされる同校3年生と2年生の生徒2人について、暴力行為処罰法違反容疑で逮捕状を請求した。 同日の卒業式の後にも逮捕する方針。
2008年3月14日15時2分配信 毎日新聞