登校拒否をしたいから親を説得してよ
〜塾にみる親と子の風景〜




学校ってどういうところなの?

「 先生。 あのさあ …… 」
たしか数年前の6月中旬だった。 いつも元気なコージ君が、塾へ静かに入ってきて話かけてきた。
「 先生、僕はどうしてもわからないから聞きたいんだけど・・・ 」
「 何を聞きたいの 」 という私の問いに、しばらく間があって、
「 先生、学校ってどういうところなの? 」 と、聞いてきたのである。
「 コージ君、どうしたの、何があったの? 」

思わず問い返した。 これが小学校二年生の質問とは、どうしても信じられなかったからだ。
「 先生、僕たちは学校へ勉強をしに行ってんだよね 」
「 そうだよ、学校はみんなで勉強をする所だよ 」
「 それがさ、学校はうるさくて勉強なんかできないんだよ。 バカなのがいてさ、授業中に教室を走り回ったりして騒いでいるんだ 」
「 子供だから、一人か二人は騒ぐ時もあるんじゃないの 」
「 そんなんじゃないよ。 毎日7,8人が走り回ってうるさいんだよ 」
彼のクラスは35人。 なのに、授業なんてものじゃないという。
「 担任の先生はどうしているの。 騒いでいても注意しないの 」
「 いくら注意されたって、聞くようなやつらじゃないんだ。 それにね、そいつらの親はもっと始末が悪いって、担任は言ってたよ 」
「 ‥‥‥‥‥ 」

彼の憎悪のこもった言葉に、私は何も言えなかった。
「 先生、僕はね、勉強しないのは学校に来なくていいと思うんだ 」
「 ああ先生もそう思うよ。 そいつらは何のために来ているのかね 」
「 勉強は大嫌いだっていうから、絶対に勉強するためではないよ 」
その後、他の塾生たちに学校の状況を聞いてみると、彼等のクラスもコージ君のクラスと大同小異であるのを知った。 まるで無法地帯の中での生活を、真面目な子供たちは余儀なくされているのだ。
この学級崩壊の悲惨な現実に、私は暗澹たる思いになった。


登校拒否をしたい

コージ君にもどろう。 あれから数日後、彼から相談を受けた。
「 先生、僕ね。 あんな学校へ行ってもなんにもならないと思うんだ 」
「 うーん、気持ちはわかるけど、どうしてそう思うの 」
「 だってさ、勉強もできない所へ行ったって仕方ないじゃん 」
「 それもそうだけど、学校へ行かないわけにはいかないよ 」
「 お母さんもそう言うんだ。 だから、僕は学校になんか行きたくないのに、どうして行かなきゃいけないのって聞いてみたんだ 」
「 そうしたらお母さんは何と言ったの 」
「 色々と言ってたけど、お母さんにもよくわからないみたいなんだ 」
「 もし学校へ行かないとしたら、勉強はどうするの 」
「 この塾でやってる勉強で十分なんだよ。 学校よりも進んでるし 」

生き生きとした表情で言うコージ君を私は見つめ直した。
「 だからさ、先生。 僕は毎日この塾できちんと勉強するからさ。 学校へ行かなくてもいいように、お母さんと話してくれないかな 」
「 なに? 登校拒否してもいいかと、お母さんに聞いてくれというの 」
「 そうその通り。 先生、よろしくお願いします 」 と彼は言うのだ。
私は何と答えたらいいのか、その言葉が見つからなかった。
そんな時に数人の塾生が元気のいい挨拶と共に入ってきた。 そして彼等は、深刻な顔をしている私のそばに集まり、聞いてきた。
「 二人で何を真剣に話していたの。 私たちにも聞かせてよ 」
「 コージ君、さっきの話をみんなにしてもいい 」
「 ああいいよ 」
と言うので、これまでのいきさつを話した。 すると、
「 それなら先生、私も登校拒否をしたいから頼みたいわ 」
と、全員が真剣な面持ちで言い出したのである。

最近、「登校拒否をしたいから、親を説得してよ」 と真面目な子からよく言われる。 これは、私のまわりだけの現象なのだろうか。