「いただきます」 って言ってますか?
「給食や外食では不要」 ラジオで大論争




 TBSラジオ 「永六輔その新世界」 ( 土曜朝8時半~、放送エリア・関東1都6県 )で、 「いただきます」 を巡る話題が沸騰した。
 きっかけは 「給食費を払っているから、子どもにいただきますと言わせないで、と学校に申し入れた母親がいた」 という手紙だ。
 番組でのやり取りを参考に、改めて 「いただきます」 を考える。

 手紙は東京都内の男性から寄せられ、永六輔さん( 72 )が 「びっくりする手紙です」 と、次のように紹介した。

《 ある小学校で母親が申し入れをしました。 「給食の時間に、うちの子には 『いただきます』 と言わせないでほしい。 給食費をちゃんと払っているんだから、言わなくていいではないか」 と 》

 番組には数十通の反響があり、多くは申しれに入れ否定的だった。
 あるリスナーは 「私は店で料理を持ってきてもらった時 『いただきます』 と言うし、支払いの時は 『ごちそうさま』 と言います。 立ち食いそばなど作り手の顔が見える時は気持ちよく、よりおいしくなります」 と寄せた。

 一方、母親のような考え方は必ずしも珍しくないことを示す経験談もあった。
 「食堂で 『いただきます』 『ごちそうさま』 と言ったら、隣のおばさんに 『何で』 と言われた。 『作っている人に感謝している』 と答えたら 『お金を払っているのだから、店がお客に感謝すべきだ』 と言われた」 との内容だ。

 また、申し入れを支持する手紙も数通あった。
 学校で 「いただきます」 を言う際、手を合わせることに 「宗教的行為だ」 、と疑問を投げかける人もいるという。

 永さんは、中華料理店を営む友人の話を紹介した。
 その友人は 「いただきます」 と聞くとうれしいから、お客さんの 「いただきます」 の声が聞こえたら、デザートを無料で出すサービスをした。
 後日、永さんがサービスを後悔していないかと尋ねたところ 「大丈夫です。 そんなにいませんから」 と言われたという。

 ライフスタイルの変化で、家族がいても一人で食事をしたり、外食や市販弁当を食べる機会も増えています。
 その時 「いただきます」 と言っていますか。





 「お金を払っているから、いただきますと言わせないで」 というのは、最近の話。 以前はこんなことはなかった。 普通に会って 「こんにちは」 、別れるときに 「さようなら」。 何かの時に 「ありがとうございます」 「すみません」 「ごめんなさい」 という、普通の会話の中に 「いただきます」 も入っていた。

 命でなく、お金に手を合わせちゃうんだな、この母親は。
 話の発端になった母親は 「いただきます」 を言うかどうかを、物事を売る、買うという観点で決めているのでしょう。 売り買いはビジネスですから、そこに 「ありがとう」 という言葉は入ってこない。 「ありがとう」 に準ずる 「いただきます」 も当然入ってこない。





 『いただきます』 を言う必要が無い、と クレーム!?
 … もう日本も終わりだね。
 『いただきます』 は自分が生かされてる事に感謝する言葉。
 いま自分が生きてると言うことは他の犠牲によって成り立ってると言う事。
 人間に食べられる為だけに生まれてきた動物の命、骨身を削り米や野菜を作ってくれる人たちへの感謝の気持ち、食材を吟味し額に汗して調理してくれる人たちへの感謝の気持ち、全て繋がりがある事への感謝の 『いただきます』
 『金払って食ってるンだから言う必要が無い』 って!?
 …… 逝ってください。


Link ---> 食の堕落と日本人