English
英语
영어

( 2007.12.01 )
/

大学全入時代




 ある予備校の資料によると、はやければ2008年に、 「大学入学志望者数」 と 「大学定員」 が同じになる。

 これはどういうことかと言うと、その年には 「どこそこの大学でなきゃ、やだ」 というわがままさえ言わなければ、受験生全員がめでたく大学生になれる、という 「大学全入時代」 が到来するということである。

 大学全入。 それがどういう事態を意味するのか、ちょっと考えてみたい。

 私が中学生の頃、東京都内のふつうの公立中学校では50人のクラスのうち10人近くが中卒で就職した。 私が見ていた 「デンスケ劇場」 というローカルなコメディでは大宮デンスケという浅草のおじさんが、なにかというと 「息子のヨッちゃんが高校へ通っている」 ことをご近所に自慢していた。

 ということは、たしかに昭和30年代までは、 「高校生」 には 「選良」 というプラス価値が多少は残存していたということである。 弊衣破帽に高下駄履いて、詩を吟じ、音楽を奏でる 「旧制高校」 の亡霊をひきずった高校生は昭和30年代の前半の 『サザエさん』 にはまだ登場する。 それが完全に消滅したのは、 「高校全入」 がPTAのがんばりのおかげで実現した東京オリンピックの頃の話である。

 いま私たちは 「高校生」 という言葉から 「頭が悪くて、騒がしくて、礼儀知らずで、大食いで、利己主義で、マクドナルドで煙草を吸ったり、ローソンで漫画を立ち読みしているひと」 しか連想しない。

 もちろんそうではない物静かで思索的な高校生諸君というものもあるいはいるのかもしれない。 中原中也の詩をそらんじたり、湖畔の白樺の木陰で堀辰雄を読んだり、コルトレーンを聴きながらジャン・ジュネを読んだりするような高校生もあるいは日本全国に幾らかはいるかもしれない。 その人たちには 「すまない」 と思う。

 しかし、とにかく 「高校全入」 以後、 「高校生」 という言葉と 「思索的」 とか 「叙情的」 とかいう形容詞がまるで無縁となってしまったことは確かである。

 「大学全入」 はこれと同じ効果を大学生についてもたらすはずである。 すでに現在の平均的な大学1年生の学力の水準は( 予備校関係者と大学関係者の証言を信じるならば )30年前の中学3年生のレヴェルにまで落ちている。 この恐るべき事実が 「偏差値」 という指標の詐術せいで前景化していないだけ のことである。

 ご存知のように 「偏差値」 というのは、その人が、ある同年齢集団の何番目あたりにいるかという相対的な 「位置」 の指標であって、 「学力」 の指標ではない。 同年齢集団全体がレベルダウンした場合、偏差値からは学力の低下という事実は知ることが出来ない。

 さいわい予備校は毎年同じような難度の模試の問題を出題しているので、素点の比較によって学年ごとの学力を比較することができる。 その結論が 「1年間で1点のペース」 で素点の平均点が下がっているという事実である。 10年で10点、30年で30点。 いまどきの大学生がバカに見えるのは、決して私たちの幻覚ではなく、事実 大学生がどんどんバカになっているからである

 小津安二郎のサイレント時代の作品に 『落第はしたけれど』 というコメディがある。 昭和初年の軟派大学生たちの生活ぶりを活写した愉快な作品である。 そこに齋藤達雄( どこから見てもルー大柴 )をはじめとするバカ学生たちが泥縄で卒業試験の勉強をする場面がある。 齋藤は暗記するのが面倒なので、カンニングのためにワイシャツの背中にドイツ語の原書のかんどころを書き写してゆく。 70年前には、いちばん出来の悪い大学生でさえ分厚い専門書を飛ばし読みして 「やま」 を探し当て、それを筆記する程度の芸当はできたのである。

 「大学全入」 によって、21世紀の大学は現在の高校と同じレヴェルの教育機関になる。 それはそれで仕方のないことである。 しかし社会の運営には、一定数の知的エリートがやはり必要である。 大学が 「高校」 になってしまったら、 「大学」 に対応する教育機関が必要となる。 これは論理的に自明のことである。

 新基準での 「大学」 に該当するのは、東大をはじめとする一握りの超難関大学と欧米の大学だけであろう。 それ以外の大学では、 「大学」 としての最低限の教育水準を保つためにも、出来の良い学生には大学に残って修士号を取得することをつよく薦められるようになるだろう。

 つまり21世紀のはやい時期には、 「一握りの超難関校 + 欧米の大学 + ふつうの大学の大学院」 が現在までの 「大学」 に相当するようになる。 この三つのカテゴリーの定員の総和が大学志願者数の数%で収まれば、だいたい昭和初年の大学進学率ととんとんになる勘定である。

 つまり 「大学( という看板を出した学校 )にゆくのが簡単な時代」 とは、 「大学( に相当する学校 )を出るのがすごく難しくなる時代」 なのである。 大卒の肩書きが無価値になることなど、私にとっては痛くもかゆくもないが、この変化は思いがけなく深刻な副作用を伴うことになる。

 まずはっきりしていることは、18歳人口の激減によって、21世紀のはやい時期に、あちこちで大学の定員割れ( 志願者全員を合格させても、まだ定員に満たないという現象 )が生じるだろうということである。

  「定員割れ」 を起こした大学というのは、要するに誰でも入れる大学ということである。 当然そこには、四則の計算ができず、dangerousを 「ダンゴラス」 と発音し、 「精神」 を 「精心」 と書くような大学生というものがわらわらと叢生することになる。 ( すでにいるが …… )このような 「底辺校」 においては当然 「講義崩壊」 「演習崩壊」 という事態が生じる。 講義中に教室内を立ち歩き、飲み食いし、化粧をし、携帯電話をかけ、プレイステーションで遊び、注意する教師にガンをとばす大学生というものが( これも、すでにいるが …… )各地の 「底辺大学」 に跋扈することになる。

 これは考えて見ればしかたのない事態である。

 最近の調査によると、小学校6年生の段階ですでに算数の授業を理解できなくなってしまった小学生が過半数を超えている。 分数のわり算くらいのところで学校の授業が分からなくなってしまって、授業を聞くのを止めてしまうのである。

 授業を聞くのを止めてしまうというのは、とても深刻なことだ。 知識が身に付かないからではない。 「ものを習う」 ための基本的なルールが身に付かないからである。

 「ものを習う」 というのは、 「知っている人間」 から 「やり方」 の説明を聞き、それを自分なりに受け容れ、与えられた課題に応用してみて、うまくいかないときはどこが違っていたのかを指摘してもらう、という対話的、双方向的なコミュニケーションを行うという、ただそれだけのことである。 しかし、このコミュニケーションの訓練を通じて、子どもたちは 「説明を聞くときは黙って、注意深く耳を傾ける」 「あとで思い出せるように( ノートなどの補助手段をつかって )記憶する」 「質問は正確かつ簡潔に行う」 「集中しているひとの邪魔をしない」 などという基本的な態度を自然に身につけてゆくのである。

 しかし、小学校の段階で 「ものを習う」 ことを放棄し、 「ものを習う」 仕方そのものを身につけずに大きくなってしまった子どもは、長じたのちも 「自分が知らない情報、自分が習熟していない技術」 をうまく習得することができない。 対話的、双方向的コミュニケーションのしかたが分からないからである。

 彼らは長い時間人の話を注意深く聞くことができない。 ひとにものを教わるときの適切な儀礼( 表面的な恭順さの演技 )ができない。 なによりも、教える相手に 「自分が何を理解していないか」 を理解させることができない。 この子どもたちが 「学級崩壊」 の主人公たちである。

 要するに、彼らは 「自分が知らないこと、自分に出来ないこと」 をどうやって知ったり、できたりするようになるのかの 「みちすじ」 が分からないのである。

 だから彼らには 「自分がすでに知っていること、自分がすでに出来ること」 を量的に増大させる道しか残されていない。

 彼らは、小学生のままの幼児的で自己中心的な自我のフレームワークの中に、TVや音楽やファッションやコンピュータ・ゲームやマンガやセックスやスポーツについてのトリヴィアルな情報をぎっしり詰め込むことを 「情報の摂取」 だと錯覚したまま成長する。 そして 「底辺校」 の大学生を構成することになるのである。

 このような子どもたちはもちろん大学でも何ひとつ学ぶことができない。 そして無意味に過ぎた十数年の学校教育の果てに、低賃金の未熟練労働に就くことになるのである。

 こうして 「大卒のブルーカラー」 が大量発生することになる。

 彼らは 「新しいプロレタリアート」 である。 彼らには社会的上昇のチャンスがない。 彼らは権力からも利益の分配からもハイカルチャーからも情報からも疎外される。 おそらくそのことの意味さえよく分からないままに。

 自らの意思に基づいて社会的上昇のチャンスをつぶし、貧困と無知と被差別をすすんで選ぶ人々がこのとき出現する。 弱者との連帯のためでも自己陶冶のためでもなく、ただ無能ゆえに中産階級から没落してゆく集団というのを歴史ははじめて見ることになるだろう。

 そのときにおそらく本当の意味で 「近代」 の弔鐘が鳴るのだと私は思う。




""


 先輩から 「理不尽なマナー」 を強要されたとき、どうすればいいか。 社会学者の宮台真司さんは 「 『何の意味があるのか』 などとマナーやルールの合理性を問う者は、思考レベルが低い」 という。 そして 「そうした 『劣化』 した若者が増えている」 と苦言を呈する。 どういうことなのか ――

31歳より若い世代は絶望的に 「劣化」 した

 私は 「1986年分水嶺説」 を唱えている。 今年31歳になる 「86年生まれ」 と、それ以下の 「86年以降生まれ」 には、実は大きな違いがある。

 「86年以前世代」 は、阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件、援助交際ブームなどを経験しており、 「社会は5〜7年ごとにガラリと変わる」 という感覚を持つ。

 他方 「86年以降世代」 は 「社会はこのままずっと続く」 という感覚を持つ。 彼らが思春期を迎える97年頃から、日本社会は 「平成不況」 が深刻化、以降の変化が乏しくなった。 だから 「どうせ何も変わらないのであれば、周りに合わせるしかない」 という構えになりやすい。

 世代はクリアカットに区切れないので、同じ傾向が30代前半から見られる。 いずれにせよ先行世代は、若者の 「劣化」 を認識したほうがいい。 具体的に説明しよう。


なぜ性体験のない若者が増えたか

 「86年以降世代」 は、物心がついたときからネットのコミュニケーションに依存する。 だから、蔭で悪口を書き込まれるのを怖がり、 「他人にどう思われるか」 を気にする。 「仲間外れ」 を恐れ、異性との恋愛より同性との付き合いを優先する。 不安が勝つので、恋愛も同性仲間との付き合いも、上辺だけになりやすい。

 絵文字やスタンプの普及がこれを加速させる。 大学生のSNSをみてみると、どれも似たような絵文字やスタンプの送り合いだ。 彼氏や彼女を別人に入れ換えてもやりとりは成立するだろうし、入れ換えたことさえ気付かないだろう。 だから、どんな異性と付き合っても所詮は相手が交換可能だという感覚が拡がっていて、それが恋愛に乗り出す動機づけを削いでいる。

 実際、性体験のない若者が増えた。 出生動向基本調査をみると、20〜24歳の男性で 「性体験のない未婚者の割合」 は47.0%(2015年)。 10年前の33.6%(05年)に比べて13.4ポイントも上昇している。 この傾向は女性も同じだ。 私の定点観測でも、男子学生は05年頃から、女子学生は10年頃から飲み会でシモネタを避けるようになった。


他者に対して想像力を働かせられない

 社会学には 「主体性」 の概念がある。 人間の 「意識」 は3000年ほど前に 「文字」 の普及によって生まれた。 それ以前も 「言葉」 はあったが、歌や踊りとともにあり、ダイレクトに感染を引き起こす道具だった。 文字が普及すると、ダイレクトな反応に代わって、自分の反応に対する自分の反応に対する自分の …… といった反応の再帰性(折り返し)が生じるようになる。 これが 「意識」 だ。

 たんに怒ったり悲しんだりするのではなく、怒っている自分を見て悲しんだり、悲しんでいる自分を見て怒ったり。 そのぶん具体的反応を相手に返すまでに遅れが生じ、再帰性の高次化に伴う個性が 「主体性」 を与え、抽象的思考が可能になる。

 絵文字やスタンプを使った即時のやりとりは、 「主体性」 を抹消した 「自動機械」 を生む。 個性はなく入れ替え可能だ。 むしろコミュニケーションに遅れが生じると 「意識」 や 「主体性」 の働きを目ざとく見つけられて叩かれる。 それを恐れるから 「意識」 を禁圧、 「自動機械」 に埋没したがる。 その結果、昨今の若い世代は、文脈を分析して 「他者に対して想像力を働かせる」 ことができなくなった。


先行世代のやり方は 「暗記」 してしまえ

 2つ例を挙げる。

 私は大学でゼミナールを開講している。 あるとき高熱が出て、保健センターから、インフルエンザの恐れがあるので授業を休止しろと言われた。 偶然通りかかったゼミ生にインフルエンザで休講すると伝えて帰宅した。 当然メーリングリストでほかのゼミ生に伝えてくれると思ったら、ゼミ生らから僕を長時間待っていると連絡がきた。 後日、尋ねたら、その彼は 「伝えろと言われなかったので…」 と返答した。 Oops!!

 ある夏、講義のために教室に入った。 冷房装置の故障で酷く暑かったので、100人を超える学生らに 「窓を開けろ!」 と叫んだ。 授業後、最前列の学生らに 「なぜ開けなかったの?」 と尋ねたら、 「誰も開けようとしないのに自分がやるのはどうかと …… 」 と返された。 「暑いから開けようよ」 と周囲に呼びかけて開ければいいだけなのに、意味不明。 KYかも、周囲から浮くかも、と不安がるあまり、自分にも周囲にも不利益が生じても、まともに行動できないのだ。Oops!!

 この種の逸話には事欠かない。 私は30年近く、講義の試験を 「自分で問題を作って自分で答える」 という形式で一貫してきた。 答案は原稿用紙4枚分。 その答案のレベルが年を追うごとに下がってきた。 80年代に 「詰め込み教育」 が批判され、90年代以降は 「自分で考える力」 の養成が目指された。 だが皮肉にも以前のほうが 「自分で考える力」 があった。


学問の基本は武道や演奏と同じ

 なぜか。 かつての教育は暗記全盛だった。 追いつき追い越せの後発近代化国だったからだ。 帝国大学出身の父も論語やルター訳聖書を諳んじていた。 私もそうした教育を受けた。 麻布中学に入るや 「数学は暗記物、お前らが考えるなんて10年早い」 と教員に怒鳴られた。 暗記で引き出しを増やさなければ思考しても意味がないという考え方を叩き込まれた。

 学問の基本は武道や演奏と同じだ。 基本動作を反復訓練して 「自動機械」 のように動けるようにする。 そこに意識を使わなくなる分、意識に新しい役割が与えられる。 「自動機械」 化した自分から幽体離脱し、自分に寄り添って観察する。 これを 「意識の抽象度の上昇」 という。

 昨今の若者は 「何の意味があるのか」 と合理性を問い、合理性がないことをしない。 確かに企業内には不合理にみえることが多数ある。 だが企業人の初心者が逐一合理性の有無を問うても無駄。 合理性を問う前に、先行世代のマナーやルールを自動機械のように振る舞えるくらい身につけたほうがいい。 思考する価値のある問題に注力するのはそれからだ。 自分はできもしないのにマナーやルールの合理性を問う者は、思考レベルが低い。

 抽象度を上げた意識から見れば、 「合理的なものが非合理で、非合理なものが合理的だ」 という逆説はザラだ。 若者が合理性を問うてきたら、そうした世の摂理を開陳すればいい。 先行世代自身も自分を見直す機会になる。 合理性は高い抽象度で判断するべきものだ。
宮台真司さんに学ぶ 「30代の心がけ」 3カ条
1. 「仲間はずれ」 を恐れてはいけない
主体的な行動をとって、「他人の目線」から自由になれ。
2. 他者に対して想像力を働かせろ
「指示待ち人間」を脱して、みずから問題提起をしろ。
3. 必要なことはまるごと 「暗記」 しろ
暗記しておくことで、はじめて思考する余裕ができる。